Skip to content

クリニック勤務の看護師求人のヒミツ

多岐にわたる仕事内容

wyuerhb
クリニックは入院患者を受け入れるベッド数が19床以下、
またはベッドを持たない医療機関を指しますので、
ほとんどが夜間診療を行っていないです。

そのため、クリニックで働く看護婦の
求人に対しての一日の働き方は、
夜勤がなく、昼間のみの規則的な仕事となっています。

 

しかし、専任の看護師が多数いる大きな病院と比べると、
仕事の内容が大きく変わってきます。

求められることが多岐にわたり、電話対応、掃除、
備品管理等の雑用といえるような仕事まで必要
となります。

 

来院の患者さんの数が多く、時には、
業務中に相談できる人がおらず、自分一人の判断で
処置を行わなければならない
場合も出てくることもあります。

 

 

サービス残業や休日出勤も?!

 

診察が終わってから、
後片付けや翌日の診療準備が必要なところもあります。

しかし個人経営ですので、勤務の観念がしっかり定着しておらず、
中には、この後片付けや準備の時間は残業と考えておらず、
サービス残業をしいられることもあります。

 

また少ないスタッフしかいませんので、
急な体調不良などで欠勤者が出た時は、連絡を取り合って
必要なら代わりに休みを削って、出勤しなければいけないことも出てきます。

ですので、単純に仕事が楽で拘束時間も少ない
というわけではありませんので、事前の確認が重要です。

 

 

肉体的・精神的な負担が少ない

ehwfsfsf
クリニックで働く看護師の給料は、
夜勤がなく残業も殆どないことから
その分24時間体制の病院勤務等に比べ当然低くなっています。

もっとも、現在クリニックでの求人は
その診療科も様々にフルタイム又はパートタイムでの雇用がある為、
自らが仕事の分量をコントロールすることが可能です。

 

その特徴としてはまず
日中のみの仕事で外来患者への対応が中心であることから、

一刻の猶予も許されない状況や緊迫感等がなく
肉体的・精神的な負担が少ないことが挙げられます。

 

そして、地域医療の取り組みにより分業され
診療科の専門化が進んでいますので
これまでの経験を活かせるという点もあります。

 

給料は仕事内容や勤務時間相当

 

また、多くの場合その経営体制から複数の看護師を
パートタイム雇用しローテンションを組む所が多くなっていますので、

家事や育児、プライベートとの両立が図り易くなっています。

 

これらのことから、給料の金額自体は高くはないものの
仕事内容とその負担を斟酌した場合には
決して低い訳ではなくむしろ相当
とされています。

そして、各給料の見方としてはやはり
そのバランスがポイントとなっており、
これが良い所の求人では概して人気が高くなっています。

 

その為仕事を探す際には給料と仕事内容の
バランス
を見極めた上で自分のライフスタイルに合わせて
考慮することがポイントとなります。