Skip to content

特殊なことが求められる美容系クリニックとは?

tokusyu身体に不調を抱えている患者さんに対する接遇と、
コンプレックスを抱えている方に対する接遇には違いがあります。

美容系クリニックには、健康という面だけを見れば問題がないのに、
美しさに関する悩みを持っている人が来院し、
その解消を測ろうとする場所です。

 

コンプレックスを刺激したり、
上から目線で接遇をするというようなことは、
絶対に行ってはならないことになります。

患者さんの目線にたって、配慮をしながら接遇をする。
ということが美容系クリニックでは特に重要なものです。

 

怪我を負った人に「これは痛いよね」というように、
共感するというよりは、悩みに対して改善策を提案する。
ということが必要になります。

これはカウンセリング業務といって、
美容系クリニックでは医師の診療補助や医師の指示による
医療行為以外に求められる仕事なんです。

 

美容系クリニックに来院する患者さんにとって、
最初に相談することになる
医療従事者が看護師となることが多くなります。

そのため、患者さんからすると、
看護師こそのクリニックの顔となるんです。

 

患者さんの立場に立ち、
悩みやコンプレックスなどを
しっかりと受け止めて相談に乗ることが大切です。

その接遇次第では、
患者さんはこのクリニックが良いと感じる事も、
悪いと感じる事もあります。

 

そのため、接客能力や
サービス対応能力などがない看護師は採用されにくくなります。

院内で行われている治療・施術に精通し、
さらに化粧品の紹介や提案なども看護師が行う業務になります。

Tagged ,

美容系クリニックは他のクリニックとも違う特殊な職場!?

 

biyouクリニックの中でも
いくつか特殊と言われている施設がありますが、
中でもかなり特殊なのが美容系クリニックです。

 

小規模な医療機関であるクリニックですが、
その多くはどこか体に不調がある方が来院します。

 

でも、美容クリニックは
容貌などにコンプレックスがある、
美容に関して望みをかなえたい。

という比較的健康な患者さんが来院します。

 

診療自体も自由診療で、
患者さんに選ばれる必要が高いクリニックなんです。

そのため、看護師にも看護以外の業務が求められます。

 

まずカウンセリングという業務があります。

これは患者さんがどのような悩みを持っているのかを聞き、
それを解決する為の方法を提案する。
というものです。

 

最初に患者さんとのコンタクトを取る医療従事者ということで、
接遇技術やマナーなども求められるんです。

 

美容系クリニックでは、
医師の指導の下に看護師が行う
医療行為が多岐にわたります。

点滴や注射といった一般的なもの以外にも、
フォトフェイシャル、脱毛など、
一般的な診療科目にはない医療機器を扱い、施術を行います。

 

取り扱い方法などは研修によってマスターすることが出来ますが、
患者さんに不安感を与えずに
コミュニケーションを取りながら業務を行う必要がありますよ。

美容系クリニックでは給料の一部に
歩合制というものが組み込まれることが多くなります。

 

自分が患者さんに対して提案をすることで、
クリニックに入る収益が多ければ、
それだけ給料に反映するんです。

頑張り次第では給料は高くなりますが、
逆にセールス能力がないと高収入を得られません。

Tagged ,

さまざまな仕事が求められるクリニック勤務

 

sigoto看護師の職場はいろいろありますよね。

医療機関だけとっても、
総合病院とクリニックとでは働き方も異なりますし、
仕事内容についても大きく異なります。

 

クリニックは比較的小規模な医療機関で、
入院設備がないか、19床以下のベッド数の入院設備を備えている。
という規模です。

病棟勤務で入院患者さんのケアを積極的に行い、
看護技術の向上や、看護知識の向上をしていきたい。
という看護師には物足りなさを感じる事が多い職場でもあります。

 

どちらかというと、技術の向上や知識の向上よりも、
地域医療を支える一人として働くことになります。
医師をサポートし、患者さんのケアをします。

 

病棟勤務の看護師というのは、
基本的には看護業務に専念することが出来ます。

もちろん、看護記録を書いたり、
研修会などに参加するといったこともありますが、
ほぼ大半が患者さんのケアに当たります。

 

でも、クリニックの場合には、
看護業務以外にも
さまざまな業務を任されることが多くなります。

少数のスタッフので運営されるクリニックでは、
一人ひとりに様々な仕事が割り当てられ、
責任をもってそれらをこなす必要があります。

 

スムーズに医師が診療を行うことが出来るように、
雑務などもこなすことも多くなります。

看護業務が少ないから楽ということは決してなく、
少数のスタッフと積極的に関わりあいながら仕事をしていく必要があるため、
コミュニケーション能力は長けている必要があるんですよ。

Tagged ,

クリニック選びは非常に重要!

erabuクリニックは比較的勤務時間も規則的で、
休みなども規則的ということで、
看護師の職場としては人気です。

でも、クリニックならどこでもよい。
ということにはなりませんよね。

 

小規模はクリニックは、専門性が高い場合も多く、
今までの経験が全く活かせない場合もあります。

逆に、今までの経験を活かそうと思っていたのに、
逆に経験が邪魔になってしまう。
ということもあります。

 

クリニックといっても入院設備がない施設だけではなく、
19床以下のベッド数の入院設備があったり、
訪問診療や往診を行っているいうようなクリニックもあります。

場合によっては、
夜勤や訪問診療への同行などが
必要なケースもありますよ。

 

クリニック勤務というのは、
施設選びをしっかりとしなければいけません。

また、個人経営であることが多いので、
クリニックごとの個性も非常に重要になってきます。

 

職場環境に慣れ仕事をしていく必要がありますが、
医師の考え方に賛同できない、
スタッフとどうしてもなじめない。

といったことがあると、
自分一人が働くことに苦労するだけ。
ということもあります。

 

クリニック勤務を希望するときには、
方針や考え、勤務体制や勤務状況などを
しっかりと確認しておきましょう。

Tagged ,

看護技術がある看護師が求められる理由は?

 

gijutuクリニックというのは、
小規模な病院で、
専門科目に特化している。

とう特徴があります。
さまざまな医療形態のなかでは、
最も個性が強く現れている病院といえます。

 

そのため、看護師をはじめとした
スタッフの採用基準なども
クリニックごとにかなり特徴がでてきます。

クリニックでは少数のスタッフで運営をしていく必要があるために、
新人看護師を教育をする、研修会を開いて看護技術の向上を図る。
ということが難しいというケースがあります。

 

そのため、即戦力の看護師が求められることが多くなります。

 

特に経験を要する看護技術である
点滴や採血などを行うことが多いクリニックでは、
ベテラン看護師の採用が多くなってきています。

 

専門的な診療を行うクリニックでは、
他の診療科目とは全く異なる診療補助が必要になるケースや、
患者さんへの処置なども専門的になることがあります。

 

看護師にも専門性というものが求められますが、
専門的な知識・技術をもっている看護師は限られますよね。

そのため、専門的な知識や技術がなくても、
向上心がある看護師や柔軟性がある看護師は好まれます。

 

専門的な技術を習得しよう、
知識を広げようとする人は、
専門性がある物の凝り固まった考え方しかできない人より好まれます。

経営側の判断によって新人を採用するということもあります。
これはやはり柔軟な考え、
職場に順応しやすいなどの考えがあるからのようですね。

Tagged ,

クリニックに求められている人材とは?

jinzaiクリニックの多くは
開業医の医師が運営している個人経営です。

決して経済的には余裕がある
というクリニックが多いわけではないので、
雇用するスタッフも十分に余裕を持たせることはできません。

 

そのため、少人数でクリニックを運営して行くことになるため、
看護師一人に任せられる仕事も決して少なくなく、
即戦力として働く。ということを求められます。

ある程度の臨床経験を持ち、
さまざまな仕事をこなすことが出来る
という人材が求めらています。

 

自分が受け持った仕事についてはしっかりとこなし、
余裕があれば他の事にも気が回る。
そんな看護師が求められます。

 

逆にスムーズに仕事をこなせない、
自分のことしかしないという人だと、
業務自体に支障が出るために敬遠されてしまいます。

 

即戦力になるベテラン看護師の場合、
どうしても以前の仕事の環境や、
仕事の方法などに固執してしまう事があります。

ベテランが持っている看護知識や技術というのは歓迎できるものですが、
凝り固まり順応性がない。
という人はどうしても扱いづらい人材ということで嫌われます。

 

新しい環境に慣れ、
順応していくことが出来る人が
好まれる傾向にありますよ。

また、責任感があるということも重要です。

 

クリニックに来院する患者さんは、
どこか体調不良を抱えています。

その患者さんに対して安心感を与えられる。
というような人材が求められているんですよ。

Tagged ,

クリニックは給料が安いの?

 

kyuuryouクリニック勤務というのは、
夜勤がないことも多く、
残業も少なめです。

そのため、どうしても24時間体制で勤務が必要な
病棟などの勤務に比べて、
給料は低めです。

 

収入面では少なくなりますが、
精神的な負担や肉体的な負担という面が少ない。
ということを考えると納得できそうです。

これは患者さんに緊急性が高い患者さんが少ない。
ある程度働く時間や仕事量をコントロールすることができる。
といったことがあるためなんです。

 

クリニックでは常勤採用以外にも、
パート採用など時短勤務に対応しているケースも多くなります。

また診療科が専門的なものが多くなり、
自分が得意としている診療科を選べば
負担も軽くなりますよね。

 

クリニック勤務は確かに給料面だけみると低めですが、
ここはライフスタイルとのワークバランスを考えてみると、
決してとても低いとはいい難い面があります。

 

病棟勤務の方に、
自分の意思はあまり関係なくシフトを組まれる勤務ではない。
という特徴があります。

比較的都合に合わせたシフトを組んでもらうことが出来、
ある程度スタッフに余裕があれば、
急な欠勤などにも対応してもらうことも可能です。

 

子どもの行事、家族の都合などに合わせて休みやすく、
夏季や年末年始なども連休を取りやすいなどの特徴があります。

このような点を考えてみると、
相当額の給料を得られると考えられます。

Tagged ,

クリニックってどんなところ?

donna病院の種類にはいくつかの分け方がありますが、
入院設備が19床以下、
もしくは入院設備がない病院をクリニックといいます。

クリニックでは夜間診療を行っているところは少なく、
スタッフも日勤のみ。
という勤務形態であることが多くなります。

 

休診日も決まっていて、
規則的な勤務体制で仕事をすることが出来る看護師の職場。

として人気がありますよね。

 

クリニックの仕事は
看護業務に専念することが出来る病棟勤務とことなり、
さまざまな仕事をすることが必要。

ということが多くなります。

 

医師の診療補助以外にも、
電話対応や掃除、備品管理も任されます。

来院の患者さんの数は多くても、
看護スタッフが少ないために、
自分一人で判断をするということも必要になります。

 

クリニックは定時退社ができて休日出勤もない。
と思う人もいるかもしれませんが、
実は個々のクリニックによってかなり状態は変わります。

個人経営のクリニックが多く、
勤務の概念がしっかりと定着をしていないケースも見られます。

 

診療後の後片付けや、
本来は休みの日に欠勤者が出た
ということで出勤を要請されるということもあります。

この辺りは応募の時にしっかりと確認をしておく
必要がありそうなポイントになります。

Tagged ,

クリニック勤務の看護師求人のヒミツ

多岐にわたる仕事内容

wyuerhb
クリニックは入院患者を受け入れるベッド数が19床以下、
またはベッドを持たない医療機関を指しますので、
ほとんどが夜間診療を行っていないです。

そのため、クリニックで働く看護婦の
求人に対しての一日の働き方は、
夜勤がなく、昼間のみの規則的な仕事となっています。

 

しかし、専任の看護師が多数いる大きな病院と比べると、
仕事の内容が大きく変わってきます。

求められることが多岐にわたり、電話対応、掃除、
備品管理等の雑用といえるような仕事まで必要
となります。

 

来院の患者さんの数が多く、時には、
業務中に相談できる人がおらず、自分一人の判断で
処置を行わなければならない
場合も出てくることもあります。

 

 

サービス残業や休日出勤も?!

 

診察が終わってから、
後片付けや翌日の診療準備が必要なところもあります。

しかし個人経営ですので、勤務の観念がしっかり定着しておらず、
中には、この後片付けや準備の時間は残業と考えておらず、
サービス残業をしいられることもあります。

 

また少ないスタッフしかいませんので、
急な体調不良などで欠勤者が出た時は、連絡を取り合って
必要なら代わりに休みを削って、出勤しなければいけないことも出てきます。

ですので、単純に仕事が楽で拘束時間も少ない
というわけではありませんので、事前の確認が重要です。

 

 

肉体的・精神的な負担が少ない

ehwfsfsf
クリニックで働く看護師の給料は、
夜勤がなく残業も殆どないことから
その分24時間体制の病院勤務等に比べ当然低くなっています。

もっとも、現在クリニックでの求人は
その診療科も様々にフルタイム又はパートタイムでの雇用がある為、
自らが仕事の分量をコントロールすることが可能です。

 

その特徴としてはまず
日中のみの仕事で外来患者への対応が中心であることから、

一刻の猶予も許されない状況や緊迫感等がなく
肉体的・精神的な負担が少ないことが挙げられます。

 

そして、地域医療の取り組みにより分業され
診療科の専門化が進んでいますので
これまでの経験を活かせるという点もあります。

 

給料は仕事内容や勤務時間相当

 

また、多くの場合その経営体制から複数の看護師を
パートタイム雇用しローテンションを組む所が多くなっていますので、

家事や育児、プライベートとの両立が図り易くなっています。

 

これらのことから、給料の金額自体は高くはないものの
仕事内容とその負担を斟酌した場合には
決して低い訳ではなくむしろ相当
とされています。

そして、各給料の見方としてはやはり
そのバランスがポイントとなっており、
これが良い所の求人では概して人気が高くなっています。

 

その為仕事を探す際には給料と仕事内容の
バランス
を見極めた上で自分のライフスタイルに合わせて
考慮することがポイントとなります。

 

 

Tagged